Art Editor について

 

Art  Editor文化情報紙

             Self企画 伊藤純子

近頃、古い民家でギャラリーがオープンしたとか、小さいけれど素敵な美術館が、

できたなど、千葉県のいろいろなところにギャラリースペースが、オープンしています。

その背景は、県外から移り住んでくる方や芸術家が、増えてきているということと

県民の中にも、アートを楽しむ人が増えてきているということのようです。

とはいえ、広い地域のなか、そのギャラリーや展示会場は、点在していて

個々の宣伝広告だけでは、多くの方に伝わっていないのが現状です。

どんなに、いい作品でも、宣伝広告がゆきとどかなければ、発展がありません。

都心では味わえないロケーションや伸びやかさを敏感に感じているアーティスト

たちを大切にし、「アーティストを迎え入れる県」として、房総ならではのアート

シーンの創造をお手伝いしていきたいと思っています。そのため、発表の場である、

ギャラリーや展示会場を紹介するトータル的な案内をつくることを提案します。

今後の千葉県にとって、アート効果は、観光の重要なポイントになるはずです。

 

Art  Editor

エリア別(現在3エリア 土気・あすみが丘 / 山武・長生 / 一の宮・いすみ)

形体                    A3サイズ 8つ折りフルカラー

発行         年4回3ヶ月毎季刊発行 ( 3月・6月・9月・12月の1日)

コンセプト      ・自然と融合する房総ア-ト

・アーティストをサポートする房総アート

目的         ・房総独自のアートシーンの創造

・観光マップとして地域のアートスポットへの集客効果

・房総アートのイメージをデザイン性で高める

・房総のアートを支援する

部数         各エリア 5000部

配布と地域      掲載店・ギャラリー・美術館など各エリアに全エリアを配布

協力場所に置きフリーペーパーとして配布

エリア内協力店・観光ターゲット地域

内容

表  1P    表紙    写真&特集テーマ

2・3P  特集記事「Art room」  アートに関する内容

4・P   ギャラリー・カルチャー・コンサート 紹介/情報 (掲載料1枠3,000円)

6P    裏表紙   MAPの上段 (掲載料12,000円)/「Editor‘s Club通信」

裏   7・8P  お店紹介「Movement」 (掲載料1枠5,000円)

上記掲載料は2016年6月より消費税が加算されました。

企画・製作      Self 企画 伊藤純子 携帯 090(3909)4138

299-3251 千葉県山武市大網白里町大網33-8

TEL/FAX 0475(73)5929         mail :arteditor10@yahoo.co.jp

Http://art-editor.net

 

 

 

新しい房総アートづくり

「アートシーンの創造(房総エリア)」

数年に渡り千葉県では観光に力を入れてきました。名所旧跡・農業体験・

名産品の紹介等盛んになってきています。しかし、美術館やギャラリーの

観光がとても少なく、「房総アートを楽しみに来る」といった、観光の視点

がありません。他県を考えてみると軽井沢・那須・信州・伊豆など美術館や

ギャラリーを観光目的にしている方も多いはずです。今までは、この地域に

美術館などが少ないという状況でしたが、最近は、九十九里エリアを含め

房総にもアートを楽しめる私設美術館やギャラリーなどが増えてきています。

また、芸術家も広い自然のある土地を求めて移住してきています。

今こそ、この自然に包まれた房総のアートシーンを創り上げ、アート観光

として打ち出していく時期ではないでしょうか。

房総アートプロジェクト案

目的        ・房総独自のアートシーンの創造

・観光として地域のアートスポットへの集客効果

・房総のアートを支援する

コンセプト       ・自然と融合する房総ア-ト

・アーティストをサポートする房総アート

プロジェクト案

プロジェクトⅠ  アート情報紙(エリア別)ArtEditor 発行

詳細別紙

プロジェクトⅡ  アート関連活動 「房総アート倶楽部」

目的  ・地域でのアートへの関心を高める

・外部への房総アートのアピール(他団体もサポート)

・プロジェクト資金を確保する

内容      ・房総・九十九里エリアを中心に独自のアート関連イベント等

の企画・実行

・オリジナルベント以外地域全体の他団体イベント等の

宣伝・サポート

・資金確保

About the Author